コラム

2019.03.08 営業担当:各務 ストーリー

家づくりを通して育んだ関係は「お客様と担当者」を超えて


家づくりを通して育んだ関係は「お客様と担当者」を超えて

子どもたちのために「自然素材」で造られた家を

モデルハウス見学をご予約いただいたご夫婦が1歳の男の子と0歳の女の子を連れてお見えになったのは、まだ残暑が厳しい9月のこと。
この時はまだ、このご家族と自分がいずれプライベートでもお付き合いするような仲になるとは夢にも思っていませんでした。

「子供たちのために、自然素材で家づくりをしたい」というご夫婦との打ち合わせはトント拍子に進み、ご契約に至りました。後から知ったのですが、当社を訪れる前にもいくつかのハウスメーカーを回られていたとのこと。
数あるメーカーのなかから当社を選んでいただけた理由は、なんと担当者である私を気に入ってくれたからとのことで、気恥ずかしくもありましたが、うれしくなりました。

ご相談や質問をいただいた際、スピーディにご返答したことで、良い印象を持っていただけたようです。

「これからはニックネームで呼んでも良いですか?」

家づくりのための打ち合わせは、必ずご家族4人揃って。
2人のお子さんも私になついてくれ、打ち合わせのたびに一緒に遊ぶのが恒例になりました。奥様が「打ち合わせに行くよ」というと、お子さんたちが喜ぶのだと教えていただいたときは、本当にうれしかったですね。

実は、ご契約前にご夫婦から意外なお申し出がありました。それは、私のことをニックネームで呼んでも良いか?というもの。もちろん、即OKしました。
それからは、お子さんたちが当社に来て私を見つけると、そのニックネームを呼びながら駆け寄ってくれるようになりました。

肝心の家づくりも、ご主人が趣味のギターを弾ける書斎、お子さん1人ずつの子ども部屋、奥様が希望する洗面所や玄関の収納スペースなどを取り入れて完成しました。

家づくりが終わってもプライベートでお付き合いする関係に

お引渡しでは、ご夫婦が新居にすごく喜んでくれたことが印象に残っています。
それまで1~2週間に一度のペースで行っていた家づくりのための打ち合わせがなくなってしまうのはさびしくもありましたが「会えなくなるわけではないし」と言っていたところ、本当にプライベートで連絡を取り合うようになりました。

SNSや電話でご夫婦の方からお誘いがあって新居に招かれ、手料理を振る舞っていただくこともあれば、私の方から「そろそろ、どうですか?」とご連絡することも。
これまで、一緒にお食事や花火大会などに出かけたことは、良い思い出になっています。

一年後点検にお伺いしたときには、引越前に比べるとお子様の風邪の回数が減ったと、自然素材の効果を聞くこともできました。これからも、ご家族で健康にお幸せに!また遊びに行きましょうね。


友だち追加
Floow me!
CATEGORY
PICK UP!
LIST
pageTop