コラム

2021.08.30 お役立ち情報

知って得する!清須市のエリア別土地価格・地価相場情報


知って得する!清須市のエリア別土地価格・地価相場情報

工業地帯で知られる愛知県は、歴史的な文化遺産も多い地域です。なかでも、清須市は名城・清洲城をはじめ寺院や神社が多く集まり、昔ながらの古風な民家もみられます。

そんな清須市の土地は、どれくらいの価格で買えるのでしょうか。不動産取引価格や公示地価などをもとに、清須市の土地相場をお伝えします。

清須市の特徴・地域情報

庄内川を隔て名古屋市と隣接する清須市は、約6万7,000人が暮らす都市です。市内には新川、五条川といった河川が流れており、水辺と自然に恵まれた環境があることも人気の理由になっています。

清須市といえば、戦国時代に織田信長の本拠地となった清洲城をはじめ、文化遺産が多いことも特筆すべきポイントです。清洲城の周辺には寺院や神社、古い町並みが残り、歴史と文化を感じられます。

また、交通の便が良いのも清須市の特徴の一つ。市内にはJR東海道本線、名鉄の名古屋本線や犬山線、津島線、そして東海交通事業の城北線などの鉄道各線が通るほか、道路では名古屋第二環状自動車道、名古屋高速6号清須線など、名古屋へのアクセスが充実しています。

このほか、清須市にはトヨタが運営する「トヨタ名古屋自動車大学校」という専修学校があり、1級から3級までの自動車整備士を目指す学生が多いことも特徴の一つです。

清須市の土地平均購入価格

清須市の不動産相場について、2020年に取引された土地の平均価格から見ていきましょう。

清須市の土地の不動産取引価格は、平均で28.1万円/坪、1m2あたりだと8.5万円です。隣接する名古屋市中村区だと、平均価格は65.4万円/坪(19.8万円/m2)ですから、場所によっては名古屋の半値以下で購入できる土地もありそうです。

より詳しい地域別でみていくと、不動産取引が多い地域は清州城の南西側に広がる清洲エリア。名鉄名古屋本線の新清洲駅や丸の内駅の周辺で、利便性の高さが人気の理由です。坪単価は30万円以上、取引価格で1,600~2,000万円くらいの物件が多くみられます。

より詳しい地域別でみていくと、不動産取引が多い地域は清州城の南西側に広がる清洲エリア。名鉄名古屋本線の新清洲駅や丸の内駅の周辺で、利便性の高さが人気の理由です。坪単価は30万円以上、取引価格で1,600~2,000万円くらいの物件が多くみられます。

比較的にリーズナブルなのが、市の北部にあたる春日エリア。鉄道の駅からは離れていますが、名古屋高速16号一の宮線など道路網が充実し、所々に田畑が広がっている地域です。春日エリアの坪単価は15~20万円、取引価格は1,500万円前後で、育児世代を中心に若い方に人気があります。

清須市は利便性の高い街であることから、市内全体を見ても1,000万円を下回る物件は、ほとんどみられません。もし好条件の土地が1,000万円以下で売買されていたら、清須市では良い買い物ができたといって良いでしょう。

参考:国土交通省「不動産取引価格情報(2020年)」をもとに算出
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

清須市の土地評価額の動向

続いて、清須市の公示地価をお伝えします。2021年に公表された清須市の公示地価は、市全域の平均で坪単価30万9,042円(9万3,485円/m2)でした。実際の不動産取引価格と、ほぼ同じ額ですから公正な取引がされていることがわかります。

清須市の公示地価は、近年上昇傾向が続いているようです。特にJR線と名鉄線に挟まれた清須エリアでは、コロナ禍による不況にあっても横ばいまたは上昇となっており、人気の高さが伺えます。

一方で、駅から離れた高速道路沿いでは下落している地域も見られます。将来の資産価値も見据えて土地を選びたい方は、鉄道沿線のエリアで探すことをおすすめします。

参考:国土交通省公表「2021年公示地価」、愛知県庁による基準地価を使用
https://tochidai.info/aichi/kiyosu/

清須市の地価ランキング

公示地価は、地域によっても差があります。清須市の住宅地における地価TOP10を、紹介しましょう。

エリア 坪単価 ㎡単価 最寄駅
廻間1丁目 35万7,024円 10万8,000円 新清洲駅
新清洲5丁目 35万7,024円 10万8,000円 新清洲駅
助七1丁目 35万3,719円 10万7,000円 枇杷島駅
鍋片3丁目 34万7,107円 10万5,000円 丸ノ内駅
西枇杷島町旭2丁目 34万3,801円 10万4,000円 枇杷島駅
桃栄2丁目 34万495円 10万3,000円 須ケ口駅
西市場3丁目 34万495円 10万3,000円 新清洲駅
西枇杷島町押花 33万7,190円 10万2,000円 下小田井駅
西枇杷島町古城1丁目 33万7,190円 10万2,000円 下小田井駅
西枇杷島町城並3丁目 33万578円 10万円 下小田井駅

TOP10の地点は、いずれも1m2あたり10万円以上する土地ばかりです。最寄駅から徒歩15分圏という利便性の高い地点であることも、公示地価の高さに反映されているのでしょう。

名古屋周辺の都市は、名古屋駅に近いほど地価も高くなる傾向がありますが、清須市の場合は市の中心街に近い新清洲駅周辺の方が高い傾向にあるようです。

参考:国土交通省公表「2021年公示地価」、愛知県庁による基準地価を使用
https://tochidai.info/aichi/kiyosu/

まとめ

清瀬市は、利便性の高い街でありながら、田畑や自然がほどよく残り、のんびり暮らせそうな環境が広がっている点が魅力の都市です。育児世代にとっても、子育てのしやすい街といえるのではないでしょうか。

名古屋市と比べてリーズナブルな価格の土地も多いですし、家計にもゆとりが生まれるかもしれません。名古屋周辺で家を建てるなら、清須市も検討したい街の一つでしょう。


友だち追加
Floow me!
CATEGORY
PICK UP!
LIST
pageTop